SOUNDPEATS Spaceワイヤレスヘッドホンの魅力を徹底レビュー【使って分かった6つの事】

皆様こんにちは、Taka(@Taka31599979)です。

前回の記事では「SOUNDPEATS Space」の見た目など、手に取って分かった事についてご紹介しました。

気になるのは音質や使い心地。

見た目は良くても音質がいまいちだったり使い勝手が良くないと、次第に使わなくなってしまいます。

また「試聴機が無くて音が聴けない」や「見た目だけだと装着した時の付け心地」「使い勝手などが分からない」など、様々な要因で中々購入に踏み切れない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本記事では、そういった皆様がお困りになられている事を少しでも解決に導くべく、下記内容を記事にまとめました。

今回ご紹介する内容

1.使って分かった音質面
2.使って分かったノイズキャンセル機能
3.使って分かった再生時間の凄さ
4.使って分かった装着感
5.使って分かったコストパフォーマンスの高さ
6.使って分かった操作性

この記事を書いている私が、実際に製品を購入・使用しているので、記事の信頼性の担保につながるかと思います。

興味を持たれた方は、是非一読頂き、購入の検討材料にしていただければと思います。

それでは、ご覧ください。

本記事は、メーカーであるSOUNDPEATS様よりご提供いただいたサンプル品を元に作成しています。

要チェック

現在、SOUNDPEATS様より「SOUNDPEATS Space」が【5% off】になるクーポンコードを頂いております!!
Amazon内の割引クーポンとの併用可能で、さらにお安く購入可能。
ぜひこの機会にゲットしてみてはいかがでしょうか?

クーポンコード: 5SPACE22913
有効期限:2024/02/29 23:59迄


製品ページはこちら

「Bose QuietComfort Ultra Earbuds」詳細レビュー

使って分かった音質面

まずは「SOUNDPEATS Space」音質面について、低音・中音・高音・音場・ホワイトノイズの5つの項目で解説いたします。

●低音

音圧は弱めだが存在感はある音。
圧は強くないので聴き疲れしない。
また音の響きが良いので、その響きが余韻となって聴いていて非常に心地が良い。

●中音

明瞭な音。
前に出すぎたり後ろに引っ込んだりもしておらず丁度良い位置で音を聴かせてくれる。
低音・高音に埋もれることは無く、ボーカルの声も聴きやすい。
男性ボーカル・女性ボーカルともしっかりと聴かせてくれる。

●高音

かなりシャープな音。
ハイアットやシンバルなどの高音の音も、低音・中音に埋もれることは無くしっかり聴こえるが、結構シャリシャリしているので、初期設定のままでは刺さる音になっている。

●音場(空間の広さ)

音場はそれほど広くはないが、音の分離感は良いので窮屈さは感じない。
ライブハウスで音楽を聴いているような感じ。

●ホワイトノイズ

ANC ON / ノーマルモードでは、ホワイトノイズは余り感じない。
ただ外音取り込みモードだと「サー」音がかなり気になる。

●総評

SOUNDPEATS Space」は低音から高音までオールマイティに音を聴かせてくれるヘッドホンになっています。

音質は弱ドンシャリ傾向。

特に高音部分に関しては初期状態だと結構シャリシャリしているので、イコライザーを高音部分を下げる事で、かなり聴きやすくなるでしょう。

SOUNDPEATS Space」には「40mmドライバー」が搭載されておりアプリのイコライザーで調整もしやすく、かなり自分好みの音に変える事が可能なのもGoodな点です。

使って分かったノイズキャンセル機能

次は「SOUNDPEATS Space」のノイズキャンセル機能について。

まずは「SOUNDPEATS Space」のANCですが予想以上にノイズをキャンセルしてくれます。

特に低音ノイズは結構カットしてくれる印象。

ヘッドホンを装着する事で今まで聴こえてていた生活音が遠のく感覚を実感できます。

次は「SOUNDPEATS Space」のENCについて。

こちらも周囲のノイズもある程度抑えてくれて通話もしやすい印象です。

ただ、風切り音のカットは弱いので外(特に風の強い場所)での使用はあまり向いていません

ただ、値段が¥6,000台のヘッドホンだと考えるとかなり優秀な部類に入るでしょう。

使って分かった再生時間の凄さ

次は「SOUNDPEATS Space」の再生時間について。

実際に使ってみて「SOUNDPEATS Space」の再生時間はかなり長いです。

それを表す結果は下記。

再生条件

①ANC モード:OFF(ノーマルモード)
②イコライザー:SOUNDPEATSクラシック
③連続再生時間:1時間
④使用再生ソフト:HiBy Music(シャッフル再生)

<結果>

①再生前

1時間連続再生後

1時間連続再生しても「SOUNDPEATS Space」のバッテリーは1%も減っていないという結果に。

「最大123時間連続再生」の威力を改めて感じさせてくれます。

これなら毎日通勤・通学で2時間使っても、60日(2ヵ月)もノー充電で使い続ける事が出来る計算。

ワイヤレスヘッドホンが持つ「充電の煩わしさ」を極力減らして、音楽を純粋に楽しむ事が出来るのは、ユーザにとって非常に嬉しいポイントになるでしょう。

使って分かった装着感

次は「SOUNDPEATS Space」の装着感について。

SOUNDPEATS Space」の装着感は非常に良いです。

装着感の良さに貢献しているのが、下記3点。

・本体が263gと軽量である
・イヤーパッドが非常に柔らかく、顔の側面を優しく抑えてくれる
・ヘッドバンドの側圧が強すぎないないので、圧迫感や窮屈さを感じない

大容量のバッテリーを搭載しながら重量は263gとかなり軽量でかつ、柔らかいイヤーパッド強すぎないヘッドバンドの側圧が相まって、かなり快適な装着感を生んでくれています。

これにより長時間快適に音楽を聴く事が可能。

唯一の難点がフェイクレザーを使ったイヤーパッドが肌に密着する事で蒸れるという所で、ヘッドホンの難点の一つかなと思います。

使って分かったコストパフォーマンスの高さ

次は「SOUNDPEATS Space」のコストパフォーマンスについて。

SOUNDPEATS Space」は非常にコストパフォーマンスが高い製品だと感じます。

・40mmのドライバー搭載
・1000mAhのバッテリーを搭載し最大123時間の連続再生が可能
・ENC / ANC 搭載
・チープさは全く感じないビルドクオリティ
・アプリに対応し音質のカスタマイズできる

上記の通り、普段使いには十分満足する機能を搭載しているのにも関わらず、¥6,000台という驚異コストパフォーマンス

ワイヤレスヘッドホン初心者の方でも安心して購入ができ、ワイヤレスヘッドホンの性能を堪能できる製品に仕上がっているのではと感じました。

使って分かった操作性

次は「SOUNDPEATS Space」の操作性について。

SOUNDPEATS Space」は非常に操作性が良い製品です。

その理由としては、「SOUNDPEATS Space」に搭載された物理ボタンで基本操作はほぼ完結している点。

下記に物理ボタンで出来る事を纏めてみましたが、ボタンでほぼ操作が出来る事が分かります。

また、物理ボタンでの操作なので押したかどうか認識できるのもGood。

タッチ操作だと、不用意に触って意図しない動作をしたり触っても反応しない等あって、操作にイライラする事が多いですが、「SOUNDPEATS Space」ではそれは皆無です。

ただ1点残念な点として、電源OFFが電源ボタン長押し5秒と長い事。

ここは電源ONと同じ3秒に揃えて欲しいと感じました。

まとめ

今回は「SOUNDPEATS Space」の音質や使い勝手などをブログにまとめました。

SOUNDPEATS Space」は

まとめ

・コストパフォーマンスが高いワイヤレスヘッドホンが欲しい方
・気軽に普段使い出来るワイヤレスヘッドホンが欲しい方
・ワイヤレスヘッドホンを初めて購入する方

に非常におススメ出来るイヤホンになっています。

とにかく「コストパフォーマンス」が高い製品。

40㎜ドライバー搭載で音質も良く、最大123時間連続再生可能でノイズキャンセル機能も搭載。

その上アプリにも対応し音質調整も可能と、大体の事は出来る機能を装備しているのにも関わらず、¥6,000台で購入できるコストパフォーマンスの良さは凄いとしか言いようが有りません。

この価格だと本当に気軽に音楽を楽しむ事が出来るので、初めてワイヤレスヘッドホンを購入するという方にもおススメ出来ます。

興味のある方は、今回の記事を参考にして頂き、是非検討材料にして頂ければ幸いです。

※今後も、「SOUNDPEATS Space」を使いまくって色々な記事を上げて行こうと思いますので、お楽しみに。

以上、Taka(@Taka31599979)でした。

最新情報をチェックしよう!