読むと欲しくなる! Bluetoothレシーバー Topping B3 のお勧めする3つの事

  • 2020年8月15日
  • 2020年8月15日
  • News
  • 100View
  • 0件

家でも、外でも、手軽に良い音で音楽を聴きたいですよね。

ただ、完全ワイヤレスイヤホンって手軽だけど、高音質コーデックに対応した製品となると結構お高くなるので、ちょっと二の足を踏んでいる方もいらっしゃるのでは無いでしょうか。

今使ってるお気に入りのイヤホンをそのまま活用できたら良いのに。。。

でも、諦めるのはまだ早い!

そう言う時は、Bluetoothレシーバーを使えば解決できます

最近のBluetoothレシーバーは、高音質コーデックに対応し、また高性能DACも積んだ上でコンパクトと言う製品も増えてきており、今持っているお気に入りイヤホンもそのまま活用できます!

そんな中、非常に小型軽量のBluetoothレシーバーを「HiFiGo」のNewsで見つけました。

HiFiGoとは

世界中のオーディオ製品を取り扱っているショッピングサイト。
日本で未発売の製品などもこのサイトで購入する事が出来ます。
オーディオ製品の情報もアップされているので、新製品の情報とかも色々収集できます(ただし英語です。。。)

その製品とは。。。
「Topping BC3」
です。
今回は、「Topping BC3」に関して記事にしてみようと思います。
購入のきっかけになれば幸いです。

1.仕様面は?

さて、いつもの仕様に関してご紹介。

仕様Topping BC3
DACES9018Q2C x 1
Out3.5mm(Headphone Out)
3.5mm(Line / Optical Out)
Headphone Out75mW + 75mW(32Ω)/ 13mW +  13mW(300Ω)
Bluetooth5.0
Bluetooth chipCSR8675
Support encoding formatAAC / SBC / aptX / aptX-LL / aptX-HD / LDAC
Dimensions(W x D x H)60 x 60 x 17.5(mm)
Weight82.5g
Battery800mAh
Time12h(32Ω)
Price$66.99(¥8,000 前後)

この仕様で気になった所は、上記で赤太文字にした所で、この商品のお勧めとなるポイントかなと思います。

それぞれに関して、説明していきます。

2.オススメポイント

2.1.対応コーデックが豊富

まず、オススメポイント一つ目、対応コーデックがかなり豊富です。

「Topping BC3」が対応しているコーデックの情報をまとめて見ましたので、参考にしていただければと思います。

コーデック特徴コーデックの説明情報量
SBC標準的な音質
遅延有り
A2DP対応のワイヤレス製品全てSBCに対応しているので、幅広く使える。ビットレート:328 kbps
サンプリング周波数:48 kHz
量子化ビット数:16 bit
AACSBCより高音質
SBCより低遅延
iPhoneで対応しているコーデックビットレート:-
サンプリング周波数:48 kHz
量子化ビット数:16 bit
aptXCD音源相当の音質
SBC・AACより低遅延
Androidで対応しているコーデックビットレート:384 kbps
サンプリング周波数:48 kHz
量子化ビット数:16 bit
aptX-LLaptXよりさらに低遅延音楽ゲームが出来る程、低遅延コーデックビットレート:384 kbps
サンプリング周波数:48 kHz
量子化ビット数:16 bit
aptX-HDハイレゾ相当の高音質SBC、AAC、aptXを上回る高音質コーデックビットレート:576 kbps
サンプリング周波数:48 kHz
量子化ビット数:24 bit
LDACハイレゾ相当の高音質現時点で最高音質でデータを伝送出来るコーデックビットレート:990 kbps
サンプリング周波数:96 kHz
量子化ビット数:24 bit

「SBC」はA2DP対応のワイヤレス製品ならば全て対応しているので、利用出来る端末が多いですし、「AAC」は普及台数が多いiPhoneで対応しているコーデックなので、この二つが対応している事で、かなりの台数の端末で利用する事が可能です。

「aptX / aptX-LL」は低遅延コーデックなので、「PS4」「スマホ」などでゲームをしたりする時は、音ズレを気にせずゲームができそうです。(※遅延が発生すると本当にゲームできないですからね)

そして高音質コーデックであるaptX-HD / LDACも対応しているので、ハイレゾ対応イヤホンを使用すれば、ワイヤレスでハイレゾ相当の高音質の音楽を聴く事も可能です。

これだけ豊富だと、幅広い端末で利用する事が出来き、また幅広い用途で利用が可能です。

2.2.軽量コンパクト

「Topping BC3」、本当に軽量コンパクト。

サイズが「60 x 60 x 17.5(mm)」、重量が「82.5g」と手のひらにすっぽりおさまるサイズです。

これほどコンパクトだと持ち運びも楽ですしかさばらないので、自分のお気に入りのイヤホンを繋いで、気軽に高音質で音楽を聴く事が出来ます。

自分のお気に入りのイヤホンを使える利点を生かせるので、中途半端な完全ワイヤレスイヤホンを買うよりはこちらの方が、良いのではとも思います。

なぜか。。。それは次のお勧めで。

2.3.コストパフォーマンスが良い

DAC搭載で豊富なコーデックに対応し、軽量コンパクトにもかかわらず、お値段なんと

$66.99(¥8,000 前後)

です。

¥8,000程で買えるので有れば、中途半端な完全ワイヤレスイヤホンを買うよりは、「Topping BC3」をお勧めします。

3.最後に

今回は「Topping BC3」のご紹介でした。

これ1台あれば、「家の中」「外出中」「車の中」など、ワイヤレス化する事が出来る様になります。

単にワイヤレス化だけでなく、高音質でワイヤレス化する事が出来、また値段も¥8,000程とお買い得なので、購入するとかなり満足度が高い製品になるのでは無いでしょうか。

私も買ってみようかなと思いますが、日本で取り扱っているShopは現在1ヶ月待ちとなっておりました。。。

タイミングを見て購入してみようと思います。

もし購入された方がいらっしゃいましたら、コメントなど頂けると嬉しいです。

最新情報をチェックしよう!