「SSA Service USB2.0 Type-C 延長ケーブル」買って分かった4つの事【詳しい解説付き】

皆様こんにちは、Taka(@Taka31599979)です。

お家時間を充実させるために購入したPS5。

合わせて購入した「HORI DualSenseワイヤレスコントローラー専用 充電スタンド ダブル for PlayStation5

買って分かった事が、

ケーブル長が短い。。。
という事。
購入時にしっかり仕様を見ておけばよかったのですが、ケーブル長が60cmしかなく設置の自由度が非常に限られていたのです。
充電スタンドをラック等に置いて使用される方はかなり制約がある長さで、製品を購入された方のレビューを見ていても「短い」という声が多くあり、困ってらっしゃる方も結構いらっしゃる現状。
何か良い解決策が無いかと探していた所、良い製品をAmazonで見つけました!!
それが
「SSA Service USB2.0 Type-C 延長ケーブル」

です。

Amazonのタイムセールで「\470」という価格で購入した当製品。

安すぎて大丈夫なの??と感じる方もいらっしゃるでしょう。

なので今回は、「SSA Service USB2.0 Type-C 延長ケーブル」を買って分かった以下の5点

1.「SSA Service USB2.0 Type-C 延長ケーブル」のパッケージ内容について

2.「SSA Service USB2.0 Type-C 延長ケーブル」の見た目

3.「SSA Service USB2.0 Type-C 延長ケーブル」の重量

4.「SSA Service USB2.0 Type-C 延長ケーブル」を使ってみた結果

に関して記事にまとめ、気になる方に有用な情報を展開しようと考えています。

もし興味のある方は是非この記事をご覧くださいませ。

「SSA Service USB2.0 Type-C 延長ケーブル」 買って分かった事

SSA Service USB2.0 Type-C 延長ケーブル」のパッケージ内容について

最初は「SSA Service USB2.0 Type-C 延長ケーブル」のパッケージ内容について。

上記画像の通り、ビニール袋に入っているだけの非常に簡素なパッケージになっていました。

本体説明分に関しては下記。

「USBPD非対応でPCへの充電は使えない」と明記が有り、PD充電用の延長ケーブルとしては使えないので注意が必要です。

次はビニールを破って本体を取り出してみます。

内容物は

といたってシンプル。
購入目的が「Type-C ケーブルの延長」なので、その目的を満たす以外の物が入っていても使わなくてゴミになるだけなので、シンプルが一番です。

SSA Service USB2.0 Type-C 延長ケーブル」の見た目

次は「SSA Service USB2.0 Type-C 延長ケーブル」見た目。

本体は下記の通り。

想像していた以上にケーブルが細くて非常に柔らかい材質なので取り回しが良いです。

変な癖が無いので、無理に曲げたりせず使用できます。

次は「Type-C オス」の端子。

見た目は値段相応。

外装の素材も金属ではないので質感の高さはないですが、安っぽさは感じられません。

ぐらつきなどもなく、しっかりした作りになってます。

次は「Type-C メス」の端子。

こちらも「Type-C メス」の端子と同様で、外装の素材は金属ではないので質感の高さはないですが安っぽさは感じられません。

SSA Service USB2.0 Type-C 延長ケーブルの重量

SSA Service USB2.0 Type-C 延長ケーブル」の本体重量は下記の通り。

重量は「14.0g」非常に軽量。

据え置きの充電スタンドに使用するので重量は気にする必要はないですが、スマホなどでの利用に持ち運びする人にとってはこの軽さは嬉しいポイントになるのではと思います。

「SSA Service USB2.0 Type-C 延長ケーブル」を使ってみた結果

SSA Service USB2.0 Type-C 延長ケーブル」を実際に使用してみます。

下記は「HORI DualSenseワイヤレスコントローラー専用 充電スタンド ダブル for PlayStation5」の本体。

こう見るとケーブルがかなり短いことが分かります。。。

仕様ではケーブル長は「60cm」という事なので、PS5のそばに置いて使用する事を目的に開発されたのだと思いますが、ちょっと短すぎますね。

なので、今回手に入れた「SSA Service USB2.0 Type-C 延長ケーブル」を「HORI 充電スタンド」に装着してみます。

ケーブル色が同じ黒なので、あまり違和感が無いのがGoodです!

SSA Service USB2.0 Type-C 延長ケーブル」のケーブル長は「50cm」なので、合わせて「110cm」となり「HORI 充電スタンド」の置く位置の自由度が高くなります。

さて、次は実際に「SSA Service USB2.0 Type-C 延長ケーブル」を装着して充電が可能になるか見てみましょう。

まずは、PS5前面にある「Type-c」端子に接続します。

次に、「HORI 充電スタンド」にPS5のコントローラーを置きます。

すると下記画像の様に「HORI 充電スタンド」のLEDが点灯しました。

LEDが点灯 = DualSenseワイヤレスコントローラーが正しく接続された
という事なので通電出来ている事も確認。
そして「DualSenseワイヤレスコントローラー」のライトバーを見てみると、オレンジ色のLEDがゆっくりと点滅(下記動画を参照)。
無事充電もできる事が確認できました。

「ケーブル長の延長」と「充電も可能」という事が確認できたので、PS5から外しラックに置いてみました

上記画像の通り、問題なく置けました。

これには感動。

上記赤丸のボックスに充電器などが入っており、ラックの一番上に「HORI 充電スタンド」を置く場合、ケーブル長不足で置くことが出来ませんでした。

SSA Service USB2.0 Type-C 延長ケーブル」(50cm)を接続する事で置く事が出来たので、設置の自由度も上がったと感じる事が出来ます。

まとめ

今回は、「SSA Service USB2.0 Type-C 延長ケーブル」を買って分かった4つの事を記事にまとめました。

買って分かった事は

・お手軽価格でケーブル延長が可能

である事。

「HORI DualSenseワイヤレスコントローラー専用 充電スタンド ダブル for PlayStation5」で「DualSenseワイヤレスコントローラー」を充電出来れば良い

と割り切って「USB 3.0」ではなく「USB 2.0」にする事で、価格を抑える事が出来たと思います。

充電だけならデータ転送要らないですからね。

もし、「HORI DualSenseワイヤレスコントローラー専用 充電スタンド ダブル for PlayStation5」のケーブル長で不満をお持ちの方は、是非購入の検討材料としてこの記事を参考にして頂ければ幸いです。

以上となります。

最新情報をチェックしよう!