「JBL LIVE BEAM 3」レビュー!【買って分かった4つの事】

皆様こんにちは、Taka(@Taka31599979)です。

今回は、

「JBL LIVE BEAM 3」

について、記事にしていこうと考えております。

世界初のディスプレイを搭載した収納ケース「スマートケース」を装備し、華々しく発売された「JBL TOUR PRO 2」。

その発売から1年経ち、新たな「スマートケース」を装備した製品が発表されました。

それが「JBL LIVE BEAM 3」となります。

新製品として発表され、発売を待っておられた方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は「JBL LIVE BEAM 3」について買って分かった以下の4点

今回ご紹介する内容

1.「JBL LIVE BEAM 3」のパッケージ内容について
2.「JBL LIVE BEAM 3」の見た目
3.「JBL LIVE BEAM 3」と他の製品のサイズ比較
4.「JBL LIVE BEAM 3」の重量

に関して記事にまとめております。

もし興味のある方は是非この記事をご覧くださいませ。

「JBL TOUR PRO 2」 買って分かった事

「JBL LIVE BEAM 3」のパッケージ内容について

まずはパッケージ。

パッケージサイズは「16.0cm × 10.0cm × 4.0cm(縦 × 横 × 厚)」で非常にコンパクトなパッケージ。

パッケージ左上には「JBL」のロゴ、右上には「JBL LIVE BEAM 3」の製品名、そして中央には「JBL TOUR PRO 2」の画像がドンと描かれており、開ける前からワクワク感が高まるパッケージになっています。

右下には、「Hi-Res AUDIO」のロゴも。

JBL LIVE BEAM 3」は「LDAC」対応となっているので、音質も期待できます。

パッケージ裏面は下記の通り。

JBLのワイヤレスイヤホンのパッケージの特長である中身が見えるクリア仕様になっています。

製品を手にして裏面の実物を見て「ああ、購入したんだ」と思わせるこの仕様は良いですね。

裏面の下部にはしっかりと「LDAC」ロゴが記載。

今まで購入したJBLのワイヤレスイヤホンでは対応していなかったコーデックなので新鮮であり、音質面も期待できるので音を聴くのが楽しみになります。

次は開封。

まずは中身を取り出してみます。

茶色の箱を開けると。。。

プラケースに包まれた充電ケース、

使用開始手順が記載された、付属品ケースが封入。

JBL LIVE BEAM 3」、外見はかなりド派手なパッケージとなっていますが、中身はかなりシンプルで纏められています。

次は、「JBL LIVE BEAM 3」本体。。。の前に、付属品を見ていく事にします。

まずは、プラケースに入っているイヤピースに関して。

下記の様に、両サイドにイヤピースが格納されています。

プラケースにサイズも記載されていますが、「JBL LIVE BEAM 3」本体にすでに装着されているイヤピースを合わせて4種類のサイズが同梱。

XSサイズも今回標準付属しており、「より合わせ自分の耳に合う物が増える」のは良いですね。

各イヤーピースには耳垢ガードが装備

標準イヤーピースでここまででしっかり作り込まれているのは、ユーザーにとっては嬉しい限りです。

次は、付属品ケースの中身を見ていきましょう。

中には、「TypeA – TypeC充電ケーブル」と取扱説明書などが封入。

ケーブルはド派手なオレンジカラーで、端子内のプラ部分もオレンジカラーで徹底しています。

パッケージの内容物は下記の通り。

内容物

●JBL LIVE BEAM 3 スマートケース(ケース内にJBL LIVE BEAM 3込み)
●充電ケーブル

●交換用イヤピース(Sサイズ、XSサイズ、Mサイズ(JBL LIVE BEAM 3に装着済み),Lサイズ)
●取扱説明書&クイックスタートガイド

無駄がなく、必要十分な内容です。

「JBL LIVE BEAM 3」の見た目

次は「JBL LIVE BEAM 3」の見た目を見ていきましょう。

JBL LIVE BEAM 3」本体を取り出してみます。

今回ご紹介するのは「ブラック」カラーの「JBL LIVE BEAM 3」。

スマートケースは、表面がマットな材質で手触りが良く非常に質感が高い見た目になっています。

ディスプレイ部分には、保護シートが貼られており、剥がすと下記の通り。

スマートケースの上蓋にディスプレイが有る事で、取り出してすぐ確認できる視認性と、すぐ操作が出来る操作性の両方を兼ね備えた作りになっています。

スマートケースの底は下記の通り。

電気用品安全法(PSE法)のPSEマークなどのロゴ類や説明文がぎっしり掲載されています。

スマートケースのサイド面は下記の通り。

正面は、ケース開閉がしやすいようにくぼみが設けられています。

右側にはストラップ用の穴が完備。

自分のお好みのストラップを装着する事が出来るので、自分好みにカスタマイズが可能なのがGoodです。

また、現在ハンドストラップ&ディスプレイ保護フィルムがもらえるキャンペーン実施中!

数量&期間限定なので、購入されたらすぐに応募しましょう。

裏面は下記。

説明が記載されたシールが貼られていたので剥がします。

右側には「スマートタッチディスプレイボタン」、中央に「充電用USB TypeC端子」、左側に「バッテリーインジケーター」が装備。

上蓋のヒンジ部分に、さりげなく「LIVE BEAM 3」と刻印されているのがGoodです。

またこのスマートケースは「ワイヤレス充電」にも対応。

ケーブルの煩わしさから解放され普段使いをより快適にしてくれる、名前の通りのスマートケースになっています。

次はスマートケースの所以たる「ディスプレイ」に関して。

実際にどのような設定が可能か、画像にとって見ましたのでご確認下さい。

「再生・停止」、「先送り・巻き戻し」、「音量設定」、「ノイズキャンセル設定」はもちろんの事、「イコライザ変更」などモニターを見ながら出来るので、非常に便利。

使い慣れると、スマートホンを出さなくてもスマートケースのディスプレイで操作が出来きるようになります。

スマートケースの上蓋を開けてみた図が下記。

スマートケースの内側は、ブラックカラーで統一されており、非常に質感は高いです。

イヤホンを取り出した際の見た目は下記の通り。

イヤホンの形に形成されており、格納時も非常に綺麗に収納可能になっています。

充電ピンは下記の通り。

磁石もほどほどに強く、イヤホン本体を置くだけでしっかりと接着し、ズレ落ちる事は有りません。

スマートケース上蓋の裏面には下記。

真ん中に「JBL LIVE BEAM 3」が明記されているのと、枠部分にスマートケースの仕様などが非常に小さい文字で記載されております。

次は、イヤホン本体を「スマートケース」から取り出してみます。

イヤホンの軸の所には、輸送時に充電されないようにフィルターがつけられていました。

このフィルターを剥がし、イヤホンの全体像を見てみます。

本体カラーはブラック。

ハウジングの表面がサラサラに仕上げられており、非常に触り心地が良いのが特徴です。

軸の部分はシルバーメッキ装飾。

ブラック&シルバーで非常に質感が高い見た目になっています。

「JBLロゴ」の横にある黒枠部分にタッチセンサーが組み込まれ、タッチでの操作も可能。

見た目と使いやすさのバランスがうまくとられた軸になっています。

次は、イヤーノズル部分の画像。

下記の様に、ノズルは楕円形となっております。

ノズルには鍵のような凹凸が。

楕円形でかつ鍵の様な凹凸が有ると、使える他社のイヤーピースの種類が減るのでこの構造は残念ですね。

次は本体に開いているベントをご紹介。

本体の軸部分に一つ(おそらくマイク)。

ハウジング下に一つ。

ノズル近くに一つ。

上記、計3つのベントが付いております。

「JBL LIVE BEAM 3」と他の製品のサイズ比較

次は他製品とサイズを比較してみます。

比較対象は「JBL TOUR PRO 2」。

まずはスマートケースの比較をしていきましょう。

JBL TOUR PRO 2」のスマートケースと比べ「JBL LIVE BEAM 3」のスマートケースの方が一回りコンパクトになっている事が分かります。

厚みは下記の通り。

厚みはほぼ同じでした。

JBL LIVE BEAM 3」は、「JBL TOUR PRO 2」と同様にディスプレイ搭載にも関わらず、厚みは同じでスマートケースのサイズが一回りコンパクト。

手のひらにすっぽり収まり、非常に持ちやすくて携帯性に優れている事が実感できるケースになっています。

次はイヤホン本体の比較。

厚みはほぼ一緒。

長さは「JBL LIVE BEAM 3」の方が軸が長くなっているのが分かります。

ノズル部分は下記。

JBL LIVE BEAM 3」の方が一回りノズル径が大きく、出力口の数も多い作りになっていました。

この違いで出力される音に違いが生まれるのか?

これは次回以降でまとめてみようと思います。

「JBL LIVE BEAM 3」の重量

JBL LIVE BEAM 3」の本体重量は下記の通り。

本体重量は5.0gとなっています。

本体重量は6.2gだった「JBL TOUR PRO 2」と比べるとかなり軽量になっています。

次は「JBL LIVE BEAM 3」のスマートケースの重量。

スマートケースの重量は71.2gとなっています。

スマートケースの重量は73.2gだった「JBL TOUR PRO 2」と比べると軽量に。

軽量化されているものの、スマートケースでの充電時間が30時間⇒36時間と6時間も伸びているので、性能の進化が見られます。

まとめ

今回は、「JBL LIVE BEAM 3」を買って分かった4つの事を記事にまとめました。

買って分かった事をまとめると、

まとめ

・スマートケースの進化(コンパクト&軽量、充電時間向上)を感じさせる逸品
・イヤホン、スマートケーストータルで質感が良い
・ディスプレイの使い勝手が向上

という事。

JBL TOUR PRO 2」と比べると、やはりスマートケースの性能が進化している事がわかります。

それは、コンパクト&軽量であったり、充電時間が向上していたり、使い勝手が向上していたりなど。

ユーザーにとって、より使いやすくなっているのは喜ばしい事で、それだけでも買いに値する製品かなと思います。

残念なポイントとしては下記。

残念なポイント

・イヤホンノズルが楕円形で鍵のような凹凸があり、使えるイヤーピースが限られる可能性が有る。

楕円形かつ凹凸のあるイヤーノズルは装着可能なイヤーピースが限られるので、純正のイヤーピースが自分の耳に合わないと、不快感が出たり「JBL LIVE BEAM 3」が持つ本来の音を十分発揮する事ができない状態になります。

ここは何とかして欲しかったなあと、個人的には思います。

次回は、音質面を中心に実際に使ってみて分かった事について、まとめて行きたいと思いますのでお楽しみに。

以上、Taka(@Taka31599979)でした。

最新情報をチェックしよう!