CCAからBlutoothレシーバー「CCA BTX」が発表【KZ AZ09 PROと比較有り】

皆様こんにちは、Takaです。

HiFiGoにて気になる製品の記事が上がっていましたので、本日はそれを紹介したいと思います。

それは、

「CCA BTX」
HiFiGoの「CCA BTX」の商品紹介ページより引用

です。

良く似た製品でKZから出ているBlutoothレシーバー「KZ AZ09 PRO」があります。

「CCA」は「KZ」の姉妹ブランドの為、「CCA BTX」は「KZ AZ09 PRO」によく似た、でもしかし異なる製品になっており、何が違うか気になる方もいらっしゃるのではと思います。

なので今回は、

1.「CCA BTX」その性能は?

2.「CCA BTX」注目すべき点。

3.「CCA BTX」気になる点。

について記事をまとめ皆様に情報を展開していきたいと思います。

今回の記事は、「KZ」と高品質のオーディオ機器が何でも揃うショッピングサイト「HiFiGO」から得た情報を元にまとめております。

では、ご覧ください!

「CCA BTX」その性能は

性能面に関して、性能的に同レベルのKZ製 Blutoothレシーバー「KZ AZ09 PRO」と比較してみましょう。

変更点を赤太文字にして比較してみました。

※商品紹介サイトに記載が無かった部分は空白にしています。

CCA BTX
KZ AZ09 PRO
BluetoothチップQCC3040QCC3040
BluetoothVer 5.2Ver 5.2
BluetoothコーデックSBC /AAC /AptXSBC /AAC /AptX
Bluetooth伝送距離約15m約15m
USBType-C
インターフェース2ピン2ピン
バッテリー本体:35mAh
充電ケース:800mAh
本体:50mAh
充電ケース:800mAh
再生時間本体:約5時間
充電ケース:約45時間
本体:約8時間
充電ケース:約48時間
重量本体:約5g
充電ケース:
本体:約4.5g
充電ケース:約85g
価格
$42.99(HiFiGo)¥4,899(税込)(Amazon)

※上記、HiFiGの「CCA BTX」の紹介ページ、KZの「KZ AZ09 PRO」の紹介ページより引用しています。

CCA BTX」注目すべき点。

ゲームモードにする事でレイテンシ40msまで短縮可能

CCA BTX」で注目すべき点。

それは「低遅延モード」という機能が存在する事です。

HiFiGoの「CCA BTX」の商品紹介ページより引用

Buletoothは無線で音楽データを転送する際にデータを圧縮を行う為、どうしても遅延が発生してしまいます。

しかし「CCA BTX」は遅延を最小限に抑えるモード「ゲームモード」が存在し、設定する事でレイテンシが40msまで短縮が可能となっています。

40msのレイテンシは低遅延か?「1秒あたり60フレームのゲーム」で考えたいと思います。

「1秒あたり60フレームのゲーム」は1フレームの時間が0.017s(1/60 = 約0.017)となります。

今回の遅延が40ms(0.04)となると、約2フレーム(0.04/0.017 = 約2)の遅延となります。

2フレーム程度の遅延なら、RPGなどのゲームの場合は殆ど気になる事は無く「音ゲー」や「FPS」は何とか耐えうる遅延では無いでしょうか。

よりコンパクトに

CCA BTX」で注目すべき点、二つ目。

それは、本体サイズがよりコンパクトになっている事です。

HiFiGoの「CCA BTX」の商品紹介ページより引用

Redfine the mini & light weight bluetooth ear hooks, It’s around 20% much more smaller than all other ear hooks The light weight only around 5g, comfortable to wear.

HiFiGoの「CCA BTX」の商品紹介ページより引用

HiFiGoの「CCA BTX」の商品紹介ページ では、上記の画像&説明文が有りました。

上記比較画像を見て恐らく「KZ AZ09」かと思いますが、この説明文から他製品と比較して約20%コンパクトになっていると言う事が分かります。

小さければ小さいほど耳にかかる負荷は小さくなるので、ユーザーにとっては非常に嬉しいポイントです。

「CCA BTX」気になる点。

今回は、性能的に同レベルのKZ製 Blutoothレシーバー「KZ AZ09 PRO」と比較して気になった点を記載したいと思います。

本体重量

気になった点の一つ目。

それは「本体重量」です。

●「CCA BTX」⇒ 約5g

●「KZ AZ09 PRO」⇒ 約4.5g

本体サイズがコンパクトになったにも関わらず、重量が0.5g増えている状態になってます。

たかが0.5g、されど0.5g。

余り1g以下だと、耳への負担は余り感じないかもしれませんが、本体サイズが20%小さくなったのなら、重量もあわせて軽くなって欲しかったのがユーザーの希望ですね。。。

再生時間

気になった点の二つ目。

それは「再生時間」です。

●「CCA BTX」⇒ 5時間

●「KZ AZ09 PRO」⇒ 約8時間
3時間も短くなっています。
本体のバッテリー容量が

●「CCA BTX」⇒ 35mAh

●「KZ AZ09 PRO」⇒ 50mAh
と15mAhも差が有るので「KZ AZ09 PRO」の方が再生時間が伸びるのは分かるのですが。。。
バッテリー容量が少なくなっているのにもかかわらず、「KZ AZ09 PRO」の方が重量が軽いというのも良くわかりません。

まとめ:「CCA BTX」は購入は待った方が良い製品

今回は「CCA BTX」に関して記事にまとめてみました。

低遅延&コンパクトボディといった注目な点は有りますが、特に気なった

●本体重量が「KZ AZ09 PRO」より重い

●再生時間が「KZ AZ09 PRO」より短い

といった普段使いで気になる点があり、この仕様なら「KZ AZ09 PRO」を購入した方が良いと考えられます。

ですので、

●既に「KZ AZ09 PRO」を所持されている方は「CCA BTX」に買い換える必要はなし
●新規で購入される方は「注目すべき点」の方が「気になる点」より勝る場合は「CCA BTX」を購入

という形で良いかと思います。

今回の記事が購入検討の材料になれば幸いです。

それでは、失礼します。

最新情報をチェックしよう!